[PR] グループウェア asp 昭和の日 昭和ロマン【団塊世代シニアの暮らし方】:団塊世代シニアの暮らし方 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書
<

便秘が治り肌の張りも良くなり、 リバウンド無く、お金をかけずに、綺麗に確実に痩せる方法!
リバウンド無く、お金をかけずに、綺麗に確実に痩せる方法! 便秘が治り肌の張りも良くなり、きれいに確実に痩せる方法

新鮮野菜の定期宅配(入会金無料・年会費無料)
2400円相当の無農薬野菜が1500円でお試しセット!入会金無料・年会費無料! 自然の野菜! 濃い味! あま〜い野菜!

団塊ドキュメント

昭和の日 昭和ロマン【団塊世代シニアの暮らし方】

 昭和天皇誕生日

昭和時代のよさが最近語られます。昭和という時代は日本が経済先進国に疾走した時代でもありました。

だから、昭和が東京タワーから始まる発展(?)前のユニティーのよさが感じられるのも今日です。

そんな時

「ALWAYS 続三丁目の夕日」映画に出会いました。



4年前にこの第1作が評判になったのは知っていたのですが、漫画原作と小雪というファッション上りの女優出演ということで、偏見があったことと映画館と遠ざかっていたこともあって気にもかけなかったのです。

この2作品は、私が今たどろうとしている主題を言っているのではないか
三丁目の夕日を見て自分の生きてきた時代をたどる事が出来るのではないか
ALWAYSとは「いつものように」とか「ずっと永久に」などの意味を含んだ言葉です。

三丁目の夕日のラストで鈴木オートの親子が夕日を見る場面があります。
夕日がとてもきれいだと見続ける両親に、息子の一平が
「夕日は、今日だけでなく明日も、そして50年たってもきれいなものだよ」
との言葉で第1作が終ります。


そんな叙情のとらえ方を、私は昭和ロマンだと感じました。

この映画は昭和ロマンを伝えようとしている、その主題は私が自分の世代に感じる甘さ、ずぶっとしたロマンにつながる共通点との直感を持ったのです。

この映画が伝える主題は、私にはすごく共感することがありました。

今の時代に、東京の下町共同体というか、人と人の濃密な付き合いがあった事

そんな愛のある暮らしを人々は欲しがっている

この映画はそんな今日的な人の願望を示してくれたと思います。

昭和ロマンは昭和30年代を境に、経済的豊かさを手に入れて消えてしまった

この映画はそんなことを思わせます。
Always続・三丁目の夕日オフィシャル・フォト・ブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。