[PR] グループウェア asp さだまさし 団塊の最後【団塊世代シニアの暮らし方】:団塊世代シニアの暮らし方 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書
<

便秘が治り肌の張りも良くなり、 リバウンド無く、お金をかけずに、綺麗に確実に痩せる方法!
リバウンド無く、お金をかけずに、綺麗に確実に痩せる方法! 便秘が治り肌の張りも良くなり、きれいに確実に痩せる方法

新鮮野菜の定期宅配(入会金無料・年会費無料)
2400円相当の無農薬野菜が1500円でお試しセット!入会金無料・年会費無料! 自然の野菜! 濃い味! あま〜い野菜!

団塊シニアタレント

さだまさし 団塊の最後【団塊世代シニアの暮らし方】


さだまさし 団塊最後の世代のパフォーマンス

さだまさしは3000円のバイオリンを持って東京へ

音楽家になる夢を持ったが、残念ながら

そうは行かず、目標もみつけることも出来ず

國學院高等学校卒業、國學院大學法学部と進んだと言う

結局、ぼろぼろになって長崎に帰る。

そこでグレープという田舎のグループをつくり活動

彼の才能が開花、スターになる



そんなことは私が言うことではありません。

さだまさし

この世代の持つ特質を子疎あなたにお話したいのです。

『関白宣言』が150万枚を超える大ヒットとなった。他にも『案山子』、『道化師のソネット』、『天までとどけ』、『防人の詩』、『親父の一番長い日』、『驛舎』など、数々のヒット曲を飛ばしましたが

このすべてに、やさしさを感じます。

団塊世代の、特徴である、美意識「やさしさ」

さだまさしがこれまでも、これからも伝えるメッセージがそこになると思います。

「眉山」という小説が伝えるのも激しいやさしさでした。





さだまさしの経歴・・・と言うか先祖とのつながり

長崎市で佐田家の長男として生まれる。佐田家は元々島根県三隅町の大地主の家系で、祖父・繁治は中国大陸で諜報活動に従事したのち商工省の大臣秘書官を務めた経歴の持ち主であり、その繁治と結婚した祖母もまたウラジオストックで料亭を営んでいたという当時の日本人女性としては異色の存在であると言う面白い家系です。

★初回限定特典:豪華アウターケース仕様!眉山 -びざん-(2枚組)

鳴門金時 黒眉山1.8L
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。