[PR] グループウェア asp 充実の旅 バングラディシュ【団塊世代シニアの暮らし方】:団塊世代シニアの暮らし方 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書
<

便秘が治り肌の張りも良くなり、 リバウンド無く、お金をかけずに、綺麗に確実に痩せる方法!
リバウンド無く、お金をかけずに、綺麗に確実に痩せる方法! 便秘が治り肌の張りも良くなり、きれいに確実に痩せる方法

新鮮野菜の定期宅配(入会金無料・年会費無料)
2400円相当の無農薬野菜が1500円でお試しセット!入会金無料・年会費無料! 自然の野菜! 濃い味! あま〜い野菜!

団塊シニアの旅行

充実の旅 バングラディシュ【団塊世代シニアの暮らし方】

世界の踊りめぐり バングラデシュ

シニアの気まま旅行 グリコおまけを作り続けた、ネタ探しの旅、
義父の絵をどうぞ
バングラディシュ踊り














バングラデシュ、首都ダッカくらいしか知識がない。

東南アジアに国々に比べて、インドに近づくとアジア民族と少しずつ変わっていくような気がします。

父の絵を見ると、イスラムのモスクがあるように感じられないし、バングラデシュの少数民

ヒンズー教徒かなという感じがします。

バングラデシュと呼ばれる地域には、古くから文明が発達した。現在のバングラデシュはベンガル地方の東側にあたる。

初期の文明は仏教および(あるいはまたは)ヒンドゥー教の影響を受けていた。北部バングラデシュに残る遺構からこうした影響を推測できると書かれている。

13世紀にイスラム教化が始り、15世紀末にはヨーロッパの貿易商人が訪れるようになり、18世紀末にイギリスの東インド会社により植民地化された。


東インド会社によってイギリスは支配をインド全域に拡大して、

インドの他地域同様、バングラデシュもインド独立運動に参加し、1947年には独立を達成したが、宗教上の問題から、ヒンドゥー教地域はインド、イスラム教地域はパキスタンとして分離独立することになった。

これがバングラデシュの歴史だが、ヨーロッパ人が地図に線を引くように国境線を引いた。

現在も続く民族紛争は、こんな無理な線引きから生まれたと思えて仕方ありません。

[PR]団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル

[PR]バングラデシュの伝統工芸ノクシカタテーブルクロス

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。