[PR] グループウェア asp 団塊の未来 団塊論者堺屋太一予言:団塊世代シニアの暮らし方 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
FXで貧乏脱出する完全成功指南書
<

便秘が治り肌の張りも良くなり、 リバウンド無く、お金をかけずに、綺麗に確実に痩せる方法!
リバウンド無く、お金をかけずに、綺麗に確実に痩せる方法! 便秘が治り肌の張りも良くなり、きれいに確実に痩せる方法

新鮮野菜の定期宅配(入会金無料・年会費無料)
2400円相当の無農薬野菜が1500円でお試しセット!入会金無料・年会費無料! 自然の野菜! 濃い味! あま〜い野菜!

団塊シニア 黄金の時代

団塊の未来 団塊論者堺屋太一予言

団塊(だんかい)が時代を変える 予言・予測

団塊(だんかい)が作る10年後の予言・予測。団塊(だんかい)論者堺屋太一(さかいやたいち)さんの未来予言・予測を、

      

堺屋さんの黄金の十年から

 「平成の日本病」
 @外交四面楚歌
 A財政赤字の垂れ流し
 B官僚組織の硬直化
 C人口の少子高齢化

 この病気から抜け出すのには、団塊(だんかい)世代が文化を変えることでできるというのです。

 まず、この行き詰った状況社会では、権力権限を持った人=主に官僚はけして幸せでない、

 太平洋戦争末期の軍部と同じ、未来の日本を描けないまま、決死の状態で決死に働いていたことと重なると言います。

 しかし負ける降伏して「権力の座から去る」事くらい恐怖はなかったのです。

 根本的改革が必要なとき、これらが断末魔の抵抗を試みる、これが懇意知的姿だと堺屋さんは言います。

 改革とは、
 
 人事→仕方→仕組み→文化=革命

と進むそうです。

 改革をするとき、官民にかかわらず、最初にやるのは人を変える人事に始まり、

 次に仕方を変えて

 仕組みを変える

ここまでは、時代や状況の枠組みは変わらないのです。

太平洋戦争時の軍部のしたことはそれでした、

敗戦がはっきりしていたのに、根本的に必要な

敗戦後の日本を描けなかった

それが壊滅的破壊による敗戦と、無条件降伏につながりました。

今回そんな日本になるか、

その問いに堺屋さんは、

団塊(だんかい)世代が文化を変える、つまり根本的な解決を日本にもたらすと予言・予測しています。

その答えは、

団塊(だんかい)世代自身がこれまで持ってきた理念文化

会社人間、猛烈社員、職域社会依存、会社忠誠、子供重視

これらをすべて捨てて、

自分のためにお金を使い、

自分のための働く場所を見つけ、

自分のために、時間を使う

今までの、貯蓄重視型の行き方をやめて、

自分の充足のための生涯を設計する

これがこれからの10年とその後の日本の反映未来を作ると言う

高齢者には大変勇気つけられる予言・予測です。

とにかくこの本読んでみてください。

団塊(だんかい)の世代「黄金の十年」が始まる


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。